フェブラリーS2021

【フェブラリーステークス2021】人気馬と予想オッズ!中央競馬G1開幕

JAPANBETSライター | 17 / 02 / 2021

2021年、いよいよ中央競馬のG1レースが開幕!第一弾レース「フェブラリーステークス」が2月21日(日)に東京競馬場で行われます。

その名の通り例年2月に行われる、ダートマイルの王者を決める戦い。今年はどのようなメンバーが出走するのでしょうか?出走想定馬と人気馬・注目馬を予想オッズと共にご紹介していきましょう!

人気のブックメーカー

1
(8.60/10)
最大
1万円
100%ボーナス
2
(8.60/10)
入金不要ボーナス
20ドル
スポーツベットで使える
3
(8.55/10)
casino-xに登録してオファーを確認
4
(8.45/10)
bet365に登録してオファーを確認
5
(8.60/10)
sportsbet.ioに登録してオファーを確認
6
(8.50/10)
最大
100ドル
初回入金 200%
7
(8.90/10)
フリーベット
100%
初回入金ウェルカムボーナス
8
(8.00/10)
入金不要ボーナス
$30
登録するだけ!
 

フェブラリーステークス出走想定馬

それでは、フェブラリーS2021の出走予定馬を16頭紹介していきましょう!

出走可能順

  1. エアアルマス
  2. インティ
  3. カフェファラオ
  4. ヘリオス
  5. サクセスエナジー
  6. アルクトス
  7. ワンダーリーデル
  8. ワイドファラオ
  9. サンライズノヴァ
  10. エアスピネル
  11. スマートダンディー
  12. ヤマニンアンプリメ
  13. ソリストサンダー
  14. オーヴェルニュー優先出走馬(東海ステークス優勝馬)
  15. ミューチャリー
  16. レッドルゼルー優先出走馬(根岸ステークス優勝馬)

前年覇者モズアスコットが引退し、2着馬ケイティブレイブも不在。抜けた馬がおらず、かなりの混戦模様です。
 

フェブラリーステークス人気馬・注目馬

次にフェブラリーS2021人気馬1番から9番と予想オッズを紹介していきましょう!

1.カフェファラオ(牡4・美浦/堀厩舎)

  • 想定騎手:クリストフ・ルメール
  • 予想オッズ:約3.5

フェブラリーステークスと同条件で行われた、昨年6月のG3ユニコーンステークスを圧勝。往年の名馬・クロフネを彷彿とさせる勝ち方に衝撃が走りました。

圧倒的なポテンシャルを持っているところは誰もが認めるところ。自分の不得意なレース展開になると、もろさを見せている近走ですが、ハマった時のパフォーマンスはこのメンバーでも引けを取りません。

圧勝劇を繰り広げた条件に戻っての巻き返しに期待が集まります。
 

2.レッドルゼル(牡5・栗東/安田隆厩舎)

  • 想定騎手:川田 将雅
  • 予想オッズ:約5.5倍

成長著しい、強烈な追い込みが武器の馬です。

前々走・G3カペラステークスを2着まで追い込むと、前走・根岸ステークスを勝利し重賞初制覇。前哨戦を勝利し、勢いに乗りG1へ初参戦します。

初めての1600mなので、距離の克服が課題となりますが、確実な末脚は信頼度抜群です。
 

3.サンライズノヴァ(牡6・栗東/音無厩舎)

  • 想定騎手:松若 風馬
  • 予想オッズ:約6倍

フェブラリーステークスには4年連続の出走。毎年着順を上げており、昨年は3着に食い込みました。実績は今メンバーの中でも最上位と言えます。

展開に左右されない強力な末脚が武器の馬。悲願のフェブラリーステークス初勝利を狙います。

 

4.アルクトス(牡6・美浦/栗田厩舎)

  • 想定騎手:田辺 裕信
  • 予想オッズ:約6倍

2020年、盛岡で行われたG1・ダートマイルチャンピオンシップを1:32:7のレコードタイムで快勝。

芝レースのような衝撃のタイムでG1初制覇を飾りました。

前走・根岸ステークスでは、59キロの斤量を背負って4着と健闘。いよいよ中央競馬・G1制覇が近付いてきました。

 

5.オーヴェルニュ(牡5・栗東/西村厩舎)

  • 想定騎手:丸山 元気
  • 予想オッズ:約8倍

前走・東海ステークスを好タイムで快勝し重賞初制覇。目下3連勝と勢いに乗りG1へ初参戦を果たします。持ち前の先行力をいかして、上位への食い込みを狙います。

同馬を担当する調教助手が女性であることも話題になりました。

 

6.ソリストサンダー(牡6・栗東/高柳大厩舎)

  • 想定騎手:北村 宏司
  • 予想オッズ:約13倍

前々走・武蔵野ステークスでサンライズノヴァの2着に食い込むと、前走・門司ステークスでオープン初勝利。フェブラリーステークスに駒を進めてきました。

重賞未勝利馬で、格としてはやや落ちますが、力が拮抗している今年は食い込みの余地がありそう。勢いのある同馬を、穴の注目馬として挙げます。
 

7.インティ(牡7・栗東/野中厩舎)

  • 想定騎手:武 豊
  • 予想オッズ:約15倍

2年前のフェブラリーステークス覇者で、G1でも2着1回・3着2回の好走歴を持つ、出走メンバーの中でも上位の実績を持つ馬です。

前走・東海ステークスでは1番人気を裏切り、まさかの12着に大敗。大きく人気を落としていますが、レース展開ひとつで巻き返すことは十分に可能です。

8.ワンダーリーデル(牡8・栗東/安田翔厩舎)

  • 想定騎手:横山 典弘
  • 予想オッズ:約16倍

最後方付近から直線追い込んでくる末脚が武器の同馬。

前走・根岸ステークスで、勝ち馬レッドルゼルにアタマ差まで迫る追い込みを見せました。8歳になる大ベテランですが、衰えは見られません。

フェブラリーステークスでも、直線の追い込みに注目です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。大混戦が予想される、今年のフェブラリーステークス。競馬にベットできるbet365ウィリアムヒルでフェブラリーステークスに賭けられます。

ぜひ当記事を参考にして、的中を目指してくださいね!

フェブラリーステークスをブックメーカーでベットして高配当をGETしよう!