全米オープン2022 カントリークラブ

2022全米オープンゴルフ!注目選手10名と優勝オッズを紹介!接戦間違いなしの必見の一戦

田口 三太郎 | 12 / 06 / 2022

2022年6月16日(木)から19日(日)までの4日間に渡り開催される『全米オープンゴルフ』。

今年の全米オープンが開催されるコースは、マサチューセッツ州ブルックラインにある、アメリカでもっとも古いカントリークラブの一つと言われる「ザ・カントリークラブ」。

極限の忍耐力が要求されるコースで、トップゴルファーたちが4日間しのぎを削る、スポーツファン必見の一戦です。

ゴルフにベットできるブックメーカーでは続々と全米オープンのオッズが発表されています。

ザ・カントリークラブで全米オープンが開催されるのは、1913年、1963年、1988年に続いて4回目で、過去3回はいずれもプレーオフに突入する激戦となっており、今回も接戦になることが予想されます。

深いラフと狭いフェアウェイが特徴とされる非常に難易度の高いコース設定となっており、近年では優勝スコアをイーブンパーと想定されていると言われます。その難易度の高さは、ゴルファーたちがこぞってアンフェア、理不尽とこぼすほど。

今回の記事では、2022年の全米オープンの注目選手を、ブックメーカーbet365の優勝オッズと一緒にご紹介していきましょう!
 

全米オープン2022の注目選手と優勝オッズ

それでは、今年の全米オープンの注目の選手10名を順番に紹介していきます。

1. スコッティ・シェフラー(アメリカ)

  • 優勝オッズ:13倍(1番人気タイ)

  • 賞金ランキング1位/世界ランキング1位

現役最強ゴルファーの一人であるスコッティ・シェフラー選手。今年だけで、既に3勝を記録するなど、目下絶好調です。

2月にVMフェニックス・オープン、3月にアーノルド・パーマー招待を優勝すると、4月にはマスターズを制覇しメジャー初タイトルを獲得、快進撃を続けています。

5月末に行われたチャールズ・シュワブ・チャレンジでは、安定したゴルフでスコアを伸ばし、最終日に強風と変則的なグリーンに苦しめられわずかに優勝を逃すものの、ここでも2位に入り、出場した大会のほとんどで優勝を争いを繰り広げています。

パーオン率71.63%はジョン・ラームに次ぐ2位で、安定したアプローチからは、崩れる姿が想像できないほど。

当然、全米オープンにおいても優勝候補筆頭です。難攻不落のコースも、現在の勢いと鋭いドライバーで攻略する可能性が高いでしょう。
 

2. ローリー・マキロイ(北アイルランド)

  • 優勝オッズ:13倍(1番人気タイ)

  • 賞金ランキング5位/世界ランキング8位

ツアー通算20勝、うちメジャー4勝というたぐいまれなる実績を持つローリー・マキロイ選手。

あとマスターズを制覇すれば、グランドスラム達成という凄腕ゴルファーです。

マスターズでは、3日目まではTOP10圏外だったものの、最終日に64で周り一気に8アンダーと大爆発、2位に食い込む凄まじいゴルフを展開しました。

マスターズ後も非常に好調で、ウェルズ・ファーゴ選手権5位、全米プロゴルフ選手権8位と安定した成績を残し続けています。

現役屈指の技術を駆使し、難攻不落の全米オープンを攻略、2011年以来となる自身2勝目を挙げることができるでしょうか。
 

3. ジョン・ラーム(スペイン)

  • 優勝オッズ:15倍(3番人気)

  • 賞金ランキング16位/世界ランキング2位

188センチの恵まれた体格から放たれる豪快なゴルフが魅力のジョン・ラーム選手。

顔を真っ赤にしながら、気迫あふれる姿から名前をもじって「ランボー」の愛称で呼ばれています。

豪快でいながらも安定したドライバーショットが武器で、パーオン率72.34%は堂々の1位を誇ります。

2020年7月には、セベ・バレステロス以来となるスペイン人として世界ランキング1位に到達。スコッティ・シェフラーに1位の座を明け渡したものの、ランキング上位をキープし続けています。

4月末に行われたメキシコオープンでは、貫禄を見せつけ完勝。現役屈指の実力で、2021年全米オープン以来のメジャー 2勝目を狙います。

 

4. ジャスティン・トーマス(アメリカ)

  • 優勝オッズ:17倍(4番人気)

  • 賞金ランキング4位/世界ランキング6位

ツアー通算15勝の実績を持つ現役屈指の実力者、JTの愛称で親しまれるジャスティン・トーマス選手。

2022年5月、全米プロゴルフ選手権にて最大7打差を逆転して優勝し、自身二度目となるメジャー制覇を達成。

プレーオフでは、奮闘するウィル・ザラトリスを冷静極まりないプレーで下し、実力の差を見せつけました。

ゾーンに入った時のJTの強さは折り紙付きで、淡々と安定したプレーを見せ続ける姿は凄みを感じるほど。

意外にもメジャータイトルは全米プロゴルフ選手権2度の優勝のみですが、ここで2つ目のメジャータイトル奪取なるでしょうか。

 

5. キャメロン・スミス(オーストラリア)

  • 優勝オッズ:19倍(5番人気)

  • 賞金ランキング2位/世界ランキング4位

ツアー通算5勝を誇るオーストラリアの強豪、爆発力のあるプレーが武器のキャメロン・スミス選手。

爆発力が魅力なものの、安定感がない点がたまにキズで、6月に行われたメモリアル・トーナメントでは、2日目で単独首位に立つものの、その後一気に崩れて12位タイに終わりました。

ただ、ハマった時の破壊力は現役でも屈指です。

メジャータイトルでは、2020年のマスターズ準優勝が最高順位ですが、いつメジャー制覇を成し遂げても不思議ではない実力者。持ち前の爆発力で、全米オープンを制覇することができるでしょうか。
 

6. コリン・モリカワ(アメリカ)

  • 優勝オッズ21倍(6番人気)

  • 賞金ランキング18位/世界ランキング5位

カリフォルニア出身の日系ゴルファー、コリン・モリカワ選手。

緻密なゴルフを武器に、2020年全米プロゴルフ選手権、2021年全英オープンを制覇した強豪です。

安定感のあるゴルフが武器ですが、4月のマスターズ5位以降、冴えない順位が続いていますが、彼の冷静沈着なプレースタイルは、難易度が高い全米オープンのコースにフィットするはず。

全米オープンを優勝すれば、グランドスラム達成に迫ることができるモリカワ選手に注目です。

 

7. ブルックス・ケプカ(アメリカ)

  • 優勝オッズ:26倍(9番人気タイ)

  • 賞金ランキング75位/世界ランキング20位

2017/18年の全米オープン連覇、史上7人目の快挙を達成したブルックス・ケプカ選手。

2018/19年には全米プロゴルフ選手権も連覇するなど、現役でも屈指の実績を持つ強豪ゴルファーです。

ところが、近年は成績が思うように出ない時期が続いています。

今年も、全米プロゴルフ選手権55位タイ、マスターズは予選落ちと、調子を取り戻せずにいますが、2月に行われたWMフェニックス・オープンでは3位タイに入るなど、まだまだ実力は健在。

相性の良い全米オープンで、一気に復活となるでしょうか。
 

8. 松山英樹(日本)

  • 優勝オッズ34倍(14番人気タイ)

  • 賞金ランキング9位/世界ランキング13位

2021年、アジア人として初のマスターズ制覇を成し遂げた、日本の松山英樹選手。

日本を代表するゴルファーとして、ゴルフの歴史に名を刻みました。

しかし、ここ最近は首のケガに悩まされ、5月の全米プロゴルフ選手権では60位タイに沈んでしまいます。

また、6月のメモリアル・トーナメントでは、SNSの投稿からクラブ規定違反が判明し、まさかの失格。思うように実力を発揮できない状況が続いているのです。

ただ、万全の状態ではない中でも、4月のマスターズでは2日目までトップ5に入る奮闘を見せ、5月のAT&Tバイロン・ネルソンでは3位タイに入るなど、底力を見せてくれています。

首の状態が良化すれば、当然優勝も見えてくるでしょう。
 

9. サム・バーンズ(アメリカ)

  • 優勝オッズ:36倍(17番人気タイ)

  • 賞金ランキング3位/世界ランキング9位

PGAツアー通算4勝を誇る25歳の成長株、サム・バーンズ選手。

5月末に行われたチャールズ・シュワブ・チャレンジの最終日では、吹き荒れる風と読みづらいグリーンに各選手が悩まされ軒並みスコアを落としていた中、一人だけバーディを量産し、土壇場で優勝争いに食い込みます。

進出したプレーオフでは、今季絶好調のスコッティ・シェフラーを1ホール目で下し、見事優勝を果たしました。

難しいグリーンを完璧に読み切ったスキルは、難攻不落な全米オープンでも確実に活かされるはず。メジャー大会での優勝経験はありませんが、現在の勢いで優勝争いをしても不思議ではありません。

 

10. ミト・ペレイラ(チリ)

  • 優勝オッズ:51倍(20晩人気タイ)

  • 賞金ランキング30位/世界ランキング45位

今年ブレイクの兆しのあるチリの超新星ミト・ペレイラ。

その名が世界に轟いたのは、今年5月に行われた全米プロゴルフ選手権でのプレーでした。

メジャー2戦目というルーキーながら、3日目を終えて2位と3打差で首位を独走。当時世界ランキング100位のダークホースがメジャー優勝をかっさらう勢いでした。

ところが、迎えた最終日の18番ホール、パーセーブできれば優勝という中で、一打目がまさかのクリークへ。

悪夢のダブルボギーで、目の前で優勝がするりと逃げていったのです。

メジャー制覇こそならなかったものの、全米プロゴルフ選手権で3位に入り、メジャー優勝が果たせるだけの力を示したのでした。初のメジャー参戦となった2019年の全米オープンでは予選落ち。

3年の時を経て、前回のリベンジを果たすことができるでしょうか。
 

まとめ

今年の全米プロゴルフツアーは、マスターズ以降の大会それぞれで優勝者が異なっており、それ故に全米オープンも大混戦になると予想されています。

その中でも本命はスコッティ・シェフラーになるでしょうが、ローリー・マキロイ、ジョン・ラーム、ジャスティン・トーマス、コリン・モリカワなどトップランカーのほか、サム・バーンズ、ミト・ペレイラなどの新星まで、誰もが虎視眈々と優勝を狙っていることでしょう。

そんな全米オープンですが、ブクメでベットしながら経過を見守るとより楽しめること間違いありません。

優勝者を予想するオッズにベットすれば、4日間、ベットした選手と一緒にラウンドしているかのような気持ちになれ、選手の一打一打をハラハラドキドキしながら見守ることができますよ!

出場選手が多いゴルフは、1番人気であってもオッズが高めなので、高額の勝利金を狙う際にもおススメです。

今年は、心に決めた選手にブクメでベットし、全米オープンを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 

おすすめのブックメーカーで接戦間違いなしの全米オープンを堪能しよう!

 

1
(8.45/10)
登録すると無料でもらえる!
1000円
フリーベット
2
(8.00/10)
初回入金限定!
3000円
フリーベットがもらえる
3
(8.00/10)
初回入金でもらえる!
1000円
フリーベット
4
(8.00/10)
登録するだけでもらえる!
10ドル
フリーベット
5
(8.00/10)
最大
100ドル
+50回フリースピン
6
(7.90/10)
無料参加宝くじ
12万円
フリーベット
7
(8.90/10)
全スポーツ対象 最大
100ドル
100%フリーベットボーナス
8
(8.45/10)
ベットクレジット 最大
10000円
100%ボーナス
9
(8.00/10)
最大
20万円
100~200%ボーナス
10
(7.80/10)
最大
13000円
100%マッチボーナス
11
(8.25/10)
新規登録者限定!最大
10000円
100%フリーベット
12
(8.60/10)
ほぼ毎日
50ドル
相当のフリーベットが獲得できる!
13
(8.00/10)
最高
5万円
100%ボーナス
14
(8.20/10)
スポーツ専用! 最大
150ドル
100%ボーナス
15
(8.00/10)
最高
6,500円
50%