テキサスホールデムの初心者が知っておきたい5つのコツ

テキサスホールデムポーカーは高度な心理戦とも言えるカジノゲーム。そのため初心者はなかなか熟練者に勝つことができません。

そこで今回は、テキサスホールデムに挑む「初心者が知っておきたい5つのコツ」「テキサスホールデムの初心者が犯しがちな4つの間違いと対策」をご紹介してきます。

テキサスホールデムの初心者が必ず知っておきたい5つのコツ

まずはテキサスホールデムの初心者がぜひとも知っておきたいコツを5つご紹介しましょう。

1.一つひとつの勝ち負けにこだわらない

テキサスホールデムは一度の勝負で終わるゲームではありません。そのため一つひとつの勝ち負けにはこだわらないことはとても大切です。

もちろんミスにより負けた勝負は振り返って、何が間違っていたのかを検証する必要があります。しかし勝ちにこだわるあまり、無理な勝負をしないようにしましょう。

大事なのは負けの損失を小さく、勝ちの利益を大きくすることです。

 

2.ブラフのテクニックを磨くこと

テキサスホールデムでは「ストレート」や「フラッシュ」などの強い役が出来て勝つというシーンは、あまりないと考えましょう。

では、どのようにして勝つかというと「ブラフ」を使うのです。

ブラフは強い役が出来ていないにもかかわらず、強気のアクションでほかのプレイヤーを勝負から降ろすテクニックです。この技術をいかに磨くかがテキサスホールデムで勝つ重要なポイントと言えます。

もちろんブラフでは無謀なレイズはご法度です。「損失は小さく」を忘れないようにしましょう。

 

3.「スーテッドコネクター」で勝負に参加する

テキサスホールデムは最初のハンド(配られた2枚のカード)でまず勝負するか否かを判断します。

例えば「スペードの2」と「ダイヤの4」のハンドでストレート(5枚の連番を作る手)を狙うようなことはしない、ということです。このハンドでは、フロップ・ターン・リバーの5枚でストレートが完成する確率は非常に低いからです。

ではどんなハンドであれば、勝負できるのでしょうか。

まず、K(キング)やA(エース)のペアが出来ていれば、フォールドする(降りる)必要はありません。もちろんフリップやターンでストレートやフラッシュが完成する可能性があれば、ほかのプレイヤーのアクションを参考に降りることもあります。しかし少なくともプリフロップ(フロップされる前の段階)では勝負に参加します。

そしてもうひとつ、役が出来る確率が高いという意味で、ハンドが「スーテッドコネクター」であれば勝負に参加します。

スーテッドコネクターとは、「同じスーツ(マーク)」で連番となっているハンドのことです。連番の数字は大きいほうが良いのですが、少なくとも「7と8」くらいであれば降りる必要はないでしょう。

これはフロップやターン、リバーにおいてストレートとフラッシュのどちらかが完成する可能性があるからです。もちろんフロップやターンで役が出来る可能性がなさそうであれば、すぐに降りる必要があります。

 

4.自分の“キャラクター”を作ること

テキサスホールデムではプレイヤーはみな、ほかのプレイヤーの“癖”を探します。というのも、アクションにはプレイヤーの心理状態が反映されることから、大きな役が狙っているのか、あるいはブラフなのかをアクションによって判断できるからです。

そこでテキサスホールデムの序盤では、自分というキャラクターを作ることも意識しましょう。

具体的に、強いハンドを持っている時は強気なのか、あるいは逆に慎重なのかということをコールやレイズで印象づけます。もし慎重なタイプであると印象づけることができれば、ブラフであってもターンの段階で強気のレイズをすることで、ほかのプレイヤーを降ろすことが可能になります。

 

5.アクションのリズムには緩急をつける

同じコールでも、いつも同じリズムにはせず時に早く、時に遅くしましょう。「考えている」ことをアピールするのです。

例えば、フラッシュが完成していてもすぐにレイズせず、しばらく時間を置いて少しレイズするとどうでしょう。ほかのプレイヤーはそれが、“ブラフ”ではないかと迷います。その結果、コールすることもあります。あとは畳みかけるようにレイズをすれば、すでにポットに置いたチップを惜しく思う気持ちでコールを誘うことができます。

 

テキサスホールデムの初心者が犯しがちな4つの間違いと対策

続いて、テキサスホールデムの初心者がしがちな間違いとその対策について説明します。

1.ポットに投じたチップにこだわらない

それなりに強い役が出来ていれば、ベットしたチップもそれなりの額になっていると思います。しかしターンの段階で強気のレイズをするプレイヤーがいたら要注意です。おそらく相当に強い役が出来ていると推測できます。

この時点で「嫌な感じ」がしたら、ためらわずにフォールドすべきです。自分の役にこだわってはいけません。

そのまま勝負に付き合うと、レイズに付き合ってさらに多額のチップを投じることになるでしょう。もし負けてしまえば、相当の損失となります。

自分が投じたチップにこだわるのは、投資における"塩漬け"と同じ心理です。塩漬けは資金の減少につながるため、潔く損切りしなければなりません。

負けるかもしれないと感じたらためらうことなく降りるようにしましょう

 

2.トップペアのハンドには固執しない

トップペア(KやAのペア)を持っていても最強というわけではありません。プリフロップの段階では最強とも言えるハンドですが、フロップやターン、リバーと進むにつれて状況は変わります。できればフロップの段階で勝負をつけておきたいところです。

もしフロップからターンに移行し、強気のプレイヤーがいたら状況は不利になっている可能性があります。

例えばフロップで同じ数字が出たならば、ほかのプレイヤーにスリーカードが出来ている可能性を考えなければなりません。強気のレイズをするプレイヤーがいれば、迷わずにフォールドしましょう

 

3.プリフロップのオールインには乗らない

プレイヤーの中にはプリフロップの段階でオールインをする人がいます。しかも何度も繰り返す人もいるので、おそらくブラフであることは推測できます。

しかし、たとえ自分が強いペアを持っていたとしても乗らないようにしましょう。初心者はたとえばAのペアを持っていると、オールインに乗ってしまいがちです。

初心者のうちは丁寧にベットする癖をつける必要があります。オールインに乗ってうまく勝ったとしても、その高揚感が身についてしまうと良くありません。

テキサスホールデムは一か八かの勝負ではなく、細かな心理戦を積み重ねてチップを増やすゲームです。そのことを心に留めておきましょう。

 

4.「役待ち」のレイズは避ける

「あと1枚で役が完成する」という状態をドロープレイと呼びますが、この状態で勝負を続けるのも初心者がやりがちな間違いです。

例えば「あと1枚同じスーツが出ればフラッシュが完成する」というのはよくある場面です。スーツは4種類なので確率は4分の1。ターンとリバーが控えていれば、さらに確率は高くなると判断しがちです。

しかし、ここでほかに大きく勝負に出ているプレイヤーがいれば、すでに何らかの役が出来ている可能性があります。このような状態では無理な勝負は避けるようにしましょう。

 

まとめ

テキサスホールデムは非常に緻密な思考を必要とするゲームです。そのために初心者がすべきこと、注意が必要なことが多くあります。一つひとつ留意して取り組むことをおすすめします。

 

テキサスホールデムのコツと対策を理解して勝率を上げていこう!

 

ポーカーが遊べる人気オンラインカジノ

1
(8.80/10)
最大
1000ドル
ウェルカムパッケージ
2
(8.30/10)
最大
$1000
+300回 フリースピン
3
(8.25/10)
入金不要ボーナス
2000円
登録するだけ!
4
(8.50/10)
入金不要ボーナスマネー
$10
登録するだけ
5
(8.25/10)
ウェルカムパッケージ 合計
6万円
初回入金負けてもキャッシュバック
6
(8.25/10)
初回入金キャッシュバック 最高
$500
勝利しなかったら即返金
7
(8.00/10)
フリースピン 合計
100回
入金不要ボーナス
8
(8.15/10)
初回入金 200% 最大
20万
+200回 フリースピン