オンラインカジノの税金計算方法や確定申告のやり方を解説

オンラインカジノ税金オンラインカジノで大きな勝利金を手にした時に生まれるのが「税金を払う必要があるのか?」という疑問です。

海外で運営されているカジノに対して、日本で税金を払う必要が本当にあるのかと思うプレイヤーも少なくありません。

この記事では、「オンラインカジノの利益に税金がかかるケース」「税金計算方法」や確定申告のやり方や計算方法が分からない方に向けて「確定申告時の必要書類」について初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

オンカジの勝利金に対する税金は、「知識がなかった」「バレない」ではトラブルになることもあるので、きちんと理解しておきましょう。

 

オンラインカジノの利益は課税対象となる

結論、オンラインカジノでの勝利金は「一時所得」として扱われ、課税対象となります

オンカジプレイヤーにはおなじみの「VenusPoint(ビーナスポイント)」や「ecoPayz(エコペイズ)」などの電子マネー決済への出金時ではなく、国内銀行への着金時に課税対象となります

日本では、居住者の個人所得に対して「全世界所得課税方式」が採用されており、日本で得た所得だけではなく、その国以外の国で得た所得にも課税を行うとされています。つまり、海外で運営されているカジノで得た利益に関しても確定申告の必要があるわけです。

「年間で銀行口座にいくら着金しているか」をご自身でしっかり把握しておくと良いでしょう。次に、一時所得について少し説明していきます。

 

一時所得とは

一時所得は「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得」と定義されています。

つまり、『労働での給与以外の臨時収入』のことを指します

オンラインカジノの利益だけでなく、「競馬」や「パチンコ」で得た利益、保険の払戻金なども同様に一時所得として扱われます。

ただし、一時所得の納税にはさまざまなルールが存在し、オンカジで勝った際でも税金を払う必要がない(確定申告不要)なケースが存在します

 

確定申告が不要なケース

一時所得の納税には以下のようなルールが存在します。

  • 最大50万円までの特別控除
  •  給与以外の所得が20万円以下の場合、申告不要

つまり、オンカジ利益が年間50万円を超えていない場合には確定申告不要、税金を払う必要はありません

50万円以上の利益を手にしている場合には確定申告をおこなう必要があります。放っておくと厄介なことになりかねないので、まずは以下の手順に沿って計算をしてみましょう。

 

オンラインカジノの税金計算方法

オンラインカジノや公営ギャンブルの税金計算は3つのStepでおこないます。

  1. 一時所得の金額を計算する
  2. 一時所得の内、課税対象額になる額を計算する
  3. 他所得と合算し所得税を計算する

 これだけでは分かりにくいので、実際に課税金額を計算してみましょう。

<Step1:一時所得の金額を計算する>

一時所得は「(A)収入金額」から「(B)支出金額」と「(C)特別控除額50万円」を引くことで割り出すことができます

注意してほしいのは、「損失金額は支出金額には含まれない」というポイントです。

  •  5月1日  (B)30万円ベット/(A)40万円獲得:利益10万
  •  5月5日  (B)20万円ベット/(A)90万円獲得:利益70万円
  •  5月10日 (B)50万円ベット/(A)0万円獲得:「損失 50万円」
  •  5月15日 (B)30万円ベット/(A)40万円獲得:利益10万円
  •   5月20日 (B)30万円ベット/(A)40万円獲得:利益10万円

上記の場合、5月10日の損失金額50万は計算には含まれません。

つまり、手元には120万円しか残っていないはずですが、(A)収入金額は「40万円+90万円+40万円+40万円=210万円」となります。

次に(B)支出金額ですが、損失日のベット金額は含まれないので「30万円+20万円+30万円+30万円=110万円」となります。

結果、一時所得金は「(A)210万円―(B)110万円―(C)50万円=50万円」となります。

 

<Step2:一時所得の内、課税対象額になる額を計算する>

課税対象額は、「一時所得÷2」で出すことができます。

一時所得50万円÷2=25万円が課税対象額となります。

 

<Step3:他所得と合算し所得税を計算する>

最後に、他所得と合算して所得税額を出します。

  • 所得額=給与所得+一時所得の課税対象額(Step2で出た金額)
  •  所得税=(所得額―控除額)×税率

が計算式となります。

所得税の計算は状況によっても変化してすこし難しいので、不安な方は税理士などプロの方にご相談するのをおすすめします。

 

他所得との損益通算は不可

株式投資やFXなどオンラインカジノ以外の所得との利益通算はできません。

つまり、株式投資で黒字・オンラインカジノで大赤字となっていても利益と損失の相殺はできないということです。

オンカジで負けていて申告納税の必要性がなくても、所得税を減額することはできないという点は覚えておいてください。

 

オンラインカジノの確定申告について

確定申告をおこなうには次の書類が必要となります。

  • 源泉徴収
  • 支払調書
  • 経費の領収書

聞きなれないのが「支払調書」だと思いますが、オンラインカジノサポートに問い合わせるともらうことができます。もしくは、オンカジ内のアカウントから支払い明細をプリントアウトしたものでも問題ありません。

 

確定申告をおこなう時期や注意点

通常、確定申告は「前年1月1日〜12月31年」までの収入を「2月16日〜3月15日」の期間内に申告します。期限ギリギリになるにつれて税務署の混雑具合が加速していくので、早めの申請がおすすめです。

また、確定申告を行うとお勤めの会社に書類が届き、オンラインカジノで遊んでいることがバレてしまうことがあります。

バレてしまうと不都合のある方は、確定申告書2面”給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法”という欄にある『自分で納付(普通に徴収)』にチェックをいれることで会社ではなく、自宅に書類が届くのでバレずにすみます。

副業NGの会社では解雇などの重い処分がくだされることもあるので、提出時は忘れずにチェックしましょう!

 

オンカジ利益はただしく納税してトラブルを防ごう!

人気オンラインカジノ

1
(8.00/10)
最大
$500
+100回フリースピン「Starburst」
2
(8.60/10)
最大
1万円
100%ボーナス
3
(8.60/10)
入金不要ボーナス
20ドル
スポーツベットで使える
4
(8.50/10)
最大
100ドル
初回入金 200%
5
(8.90/10)
フリーベット
100%
初回入金ウェルカムボーナス
6
(8.55/10)
casino-xに登録してオファーを確認
7
(8.30/10)
ピナクルに登録してオファーを確認
8
(8.60/10)
sportsbet.ioに登録してオファーを確認
 

オンラインカジノの利益に税金はかかりますか?

はい。オンラインカジノでの勝利金は「一時所得」として扱われ、課税対象となります。ただし、オンカジで勝った際でも税金を払う必要がない(確定申告不要)なケースが存在します。詳しい内容は本文で説明しています。

ギャンブルに税金は払うのですか?

はい、公営ギャンブルである競馬、競輪、オートレース、ボートレース、パチンコ、パチスロで得た利益も実は課税対象です。ただし、宝くじやスポーツ振興くじは「非課税所得」に分類されているので課税対象とはなりません。