ポーカー必勝

テキサスホールデムで勝率を上げる! 心理戦に使える3つの方法

JAPANBETSライター | 04 / 06 / 2020

ポーカーは単なる運まかせのゲームではなく、高い技術力を備えれば勝てる頭脳ゲーム。そしてハリウッド俳優や芸能人をはじめ経営者にも愛好家が多いことで知られています。

オンラインカジノなどのネット上でポーカーを気軽に楽しめるようになったことで、ポーカー人口もぐんと増え、ポーカートーナメントも沢山開催されるようになり、巨額の賞金を手にするプロもぞくぞくと誕生しています。

この記事では、プレイヤー同士で対戦するテキサスホールデムポーカーの心理戦に有効なコツを3つ説明しています。ポーカーをもっと楽しむヒントにもなるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ポーカーができるおすすめオンラインカジノ

1
(8.00/10)
登録すると無料でもらえる!
45ドル
入金不要ボーナス
2
(9.00/10)
100%ボーナス 最大
1000ドル
初回入金ボーナス
3
(8.00/10)
初回〜3回目の入金
最大1000ドル
ウェルカムボーナス
4
(8.30/10)
限定フリースピン!
80回
賭け条件なし!「花魁ドリーム」
5
(7.25/10)
ジャパンベット限定!
2500円
登録するだけでもらえる
6
(7.90/10)
登録するだけ無料でもらえる!
3000円
入金不要ボーナス
7
(8.10/10)
入金不要ボーナス
100回
「Tome of Madness」フリースピン

テキサスホールデムで勝率を上げる3つの方法|今日から実践!

3つの方法についてそれぞれ解説してきましょう。

1.自分のキャラクターを作るべし

ポーカーはほかのプレイヤーの癖を見抜くことが大事です。そしてチップの賭け方を見ると、そのプレイヤーの癖がわかります。

強いハンドを持っている時は最初は少なくレイズする人、あるいはブラフの場合には最初から少し多めにレイズする人など癖はさまざまです。そこで、自分というプレイヤーがほかのプレイヤーにどのように見られるのかを意識してキャラクターを作るようにします

例えば、徹底的に手堅いアクションをするプレイヤーであれば、大きくレイズした時には良いハンドを持っていると認識させることができます。これを利用すれば、ブラフを仕掛ける時にも大きくレイズすることでほかのプレイヤーは警戒して降りるようになります。

あるいは逆に、弱いハンドでも積極的に勝負するプレイヤーだと認識させれば、本当に良い手がある時に大きくレイズし、ほかのプレイヤーに警戒されることなくコールを呼び込むことが可能です。

このようにストーリーを作って、自分というキャラクターを演じるのもポーカーの効果的な攻略法です。

 

2.無理な勝負はしないこと

ポーカーで勝つためには強いハンドを持つこと、そして適度にブラフを使うことが必要です

しかし強いハンドはそう簡単には手に入りませんし、ブラフも常に通じるとは限りません。つまり勝てる勝負は少ないということです。

そこで無駄打ちをしないために、常に勝負するのは避けなければなりません。無理な勝負はしないことも大事です。ほかのプレイヤーのアクションを見て、まずは確実に勝てそうだと判断した時だけ勝負に応じるようにしましょう。

 

3.時にわざと負けることも必要

自分のキャラクターを演じるにあたり、あえて負けることも必要です。

「こんなハンドで勝負したのか」と思わせることで、本当に強いハンドを持っている時にチップを吊り上げることができます。

例えば、ストレートあるいはフラッシュの可能性があるコミュニティカードが出ている状態で大きくレイズすると、ほかのプレイヤーは警戒して降りてしまいます。本当に役が出来ていても、大きく稼ぐことはできません。

しかし、事前に弱いプレイヤーを演じていれば、本当にストレートやフラッシュが出来ていてもブラフだと思わせることが可能です。

ポーカーの具体的な攻略法についてはテキサスホールデムポーカーの攻略法もご覧ください。

 

ポーカーの心理戦に勝って勝率を上げよう!